「VR Architecture Award(VRAA)」とは?

「VR Architecture Award(VRAA)」とは?


現実と呼ばれる「実空間」とインターネットが拓いた「情報空間」が融合し、「新たな3次元空間」が生まれるとき、人はどのように 豊かに生きていくことができるか――。


VRAAは、人類の生きる空間をみんなで考えるVR空間デザインコンテストです。



Recently

poster

運営委員長の思い

運営委員長より

VRAA運営委員長のバーチャル建築家・番匠カンナです。

今回、この第1回VRAA開催に向けて、有志が仕事の合間を縫って準備を続けてきました。なぜ今、VRChatを舞台としたVR空間デザインコンテストを開催するのか。
少し長いですが、思いを書きます。

第1回VRAAに先駆けて、昨年秋に「第0回VR建築コンテスト」をxRArchi主催で開催しました。小規模なテスト回にもかかわらず60案以上の応募をいただき、さまざまなメディアで紹介されるに至ったこと、とても感謝しています。

この「第0回」の目的は、明言はしていませんが、VR空間の熱気やゲームエンジンというツールに対して建築分野の人々の目を向けさせたいというものでした。しかし、今思うとこの目的はとても狭い視野のなかにあったと思います。
特に「建築」という言葉が持つ専門的でクローズドなイメージや、いわゆる「建物」であろうとする固定観念から、何より私たち運営者自身が想像以上に自由でなかったことに気づかされました。

これを踏まえて、VRAAは、より大きなテーマにチャレンジしようとスタートしました。

まず捨てたのは「建築」という言葉です。
xR技術が発展した先の「人類が生きる空間そのもの」をテーマに据えるとき、建築という言葉は足かせです。人類が生きる空間は、建築という概念よりもずっと広く、誰もが等しく夢見たり生み出せるものだからです。手垢まみれの言葉を捨て、建築の人、ゲームの人、CGの人、VRChatの住人といった分け方をやめたとき、初めてみんなで未来の空間を考えることができるのだと思います。

なお、VRAAには依然として「Architecture」という言葉が含まれています。この言葉は建築ではなく、アーキテクチャとそのまま読んでください。アーキテクチャという言葉に込めたのは、空間に、何らかの意志とそれを実現する仕組みが存在するということです。

でも、どうか難しく考えないでください。
こういう楽しさや豊かさを生み出したい、という作者の思いが空間となって表れたものであれば、それはアーキテクチャです。

もうひとつ。私たちはVRを取り巻く熱気にいつも驚きと感動を覚えています
特に、第1回VRAAの舞台としたVRChatには、見たこともないような空間やワクワクするような活動が日々溢れかえっています。これほどまでに自由でクリエイティブな三次元空間は、VR以前には存在しなかったと断言できます。

そして、VRAAは、こうしたVR空間で生み出される作品やクリエイターにとっての、新たな表現の場のひとつになれたらいいな、と考えています。
もちろん、VRをめぐるこの濃密な瞬間が安易に外部の評価にさらされることや、社会的に意味づけされることが、必ずしも良いこととは思っていません。ただ、ここに未来を感じる人々が、リアル/バーチャルの垣根を超えて新たな出会いや発見をする場がつくり出せたら、それは人類にとって大きな財産になると、強く思っているのです。

長くなりました。

VRAAは始まったばかりで至らない点があるかもしれません。ですが、至らなさを含めて楽しむのが2019年時点のVRです。(開き直り)

ぜひ、誰でも自由に、魅力的なワールドをご応募ください。

そして一緒に未来の空間を楽しみましょう!

VRAA運営委員長 番匠カンナ

開催概要

開催概要

募集テーマ

「バーチャル・コミュニケーション」

 

2019年現在、ユーザーが自由に空間をアップロード可能なソーシャルVRプラットフォーム「VRChat」では、日々投稿される多くの「ワールド」が、アバターを介した人々の生活空間として急速に発展しつつあります。

この「ワールド」の特徴は、実空間では実現できないインタラクティブな3次元空間体験を生み出せるところにあり、人が生きていく空間そのものを刷新できる可能性に満ちています。

本コンテストでは、 VRが切り拓くコミュニケーションや活動、実空間とは別の可能性に満ちたVR空間を広く募集します。 人類の生き方や遊び方をアップデートするような夢のある「ワールド」を、誰でも自由に、気軽に応募してください!

注:コミュニケーションとは、人と人に限らず、人とモノ、人と空間とのコミュニケーションも含めた、何らかの出会い・交流・変化をもたらす全ての情報伝達を指し、音声/視覚、有形/無形を問いません。

VRChatって?

VR空間を複数人で楽しむことができる無料のソーシャルVRアプリです。
様々な分野のクリエイターが日夜集まって盛り上がりをみせているので、注目度が抜群!
VR機器がなくても、デスクトップモードでのプレイも可能です。

ワールドって?

VRChatでは、世界をワールドと呼ばれる単位で分けています。
ユーザはワールドを作成したり、それらのワールドを自由に行き来し、様々な世界を訪れることができます。
今回はこのワールド単位での応募となります。

「VR Architecture Award(VRAA)」とは?

運営委員長の思い


審査員



藤井直敬(Dr. Naotaka Fujii)
@NaotakaFujii

株式会社ハコスコ代表取締役/デジタルハリウッド大学教授/一般社団法人VRコンソーシアム代表理事/元眼科医/元神経科学者/アーティスト

東北大学医学部卒業。同大大学院にて博士号取得。1998年よりマサチューセッツ工科大学(MIT)、McGovern Instituteにて研究員。2004年より理化学研究所脳科学総合研究センター象徴概念発達研究チーム副チームリーダー。2008年より同センター適応知性研究チーム・チームリーダー。2014年株式会社ハコスコを起業。2018年よりデジタルハリウッド大学大学院教授。主要研究テーマは、適応知性および現実科学研究。主な著書に、『つながる脳』『ソーシャルブレインズ入門』『拡張する脳』など。

https://hacosco.com/

豊田啓介(Keisuke Toyoda)
@toyoda_noiz 

建築家/noiz共同主宰/gluon共同主宰

建築家。東京大学工学部建築学科卒業。1996-2000年安藤忠雄建築研究所。2002年コロンビア大学建築学部修士課程修了(AAD)。2002-2006年SHoP Architects(New York)。2007年より東京と台北をベースに蔡佳萱と共同でnoizを主宰(2016年より酒井康介もパートナー)。建築を軸にデジタル技術を応用したデザイン、インスタレーション、コンサルティングを国内外で行う。2017年より建築・都市文脈でのテクノロジーベースのコンサルティングプラットフォームgluonを金田充弘、黒田哲二と共同主宰。

http://noizarchitects.com/
https://gluon.tokyo/


モスコミュール(Moscowmule)
@Moscow_ojisan

VR空間デザイナー/Vタレント

スチームパンクの世界観で、様々な映像作品やデザイン講座を展開するバーチャルYouTuberとしてデビューしたバーチャルクリエイター。現在はupd8プロジェクトに参加しながら、バーチャルマーケットやVER.などのロゴデザインやVR空間デザインを務めたり、VR系コンテンツ展覧会の出展、VTuberのライブイベントの演出、エンジニアリング等、VRにおけるデザインや空間演出の分野での活動をメインに行なっている。最近はモバイル上におけるVR空間のデザインやUX設計に挑戦している。

https://moscow-mule-broadcasting.amebaownd.com/


審査方法

  • 応募作品となるワールドと提出フォームの内容を併せて、下記の評価ポイントをもとに審査いたします。 ※(1)~(4)すべてを満たしている必要はありません!
  • 運営スタッフによる一次審査により10案程度に絞り、審査員による二次審査を行います。
  • 提出フォームの内容は、応募作品へのポータルと一緒に、VRAAポータルワールドに掲載されます。

評価ポイント

1)アイデアの面白さ
2)空間表現の豊かさ
3)空間の使われ方、使われた実績
4)実空間・実社会へのインパクト


各賞

●最優秀賞 GALLERIA RTX2070搭載ノートPC(株式会社サードウェーブ様協賛品)
●審査員賞1 Oculus Rift S
●審査員賞2 Oculus Quest
●審査員賞3 Orbital 2(株式会社BRAIN MAGIC様協賛品)
●xRArchi特別賞 DAIVデスクトップPC(株式会社マウスコンピューター様協賛品)
●特別賞1 コピックセット(株式会社Too様協賛品)
●特別賞2 初音ミクコラボマウスパッド(TSUKUMO様協賛品)


スケジュール


登録する

登録される方はこちらから

登録期間: 2019年5月15日(水)〜7月15日(月)23:59まで
提出期間: 2019年5月31日(金)〜7月15日(月)23:59まで


SNS

開催期間中は公式SNSを使って発信していきます!

公式ハッシュタグ: #VRAA01

進捗でも完成報告でもご意見でも、ぜひハッシュタグを使って発信していってください!

公式Twitter

公式Facebook

公式instagram


本イベントに関する注意事項

  • 本イベントとVRChatは直接の関係はありません。VRChatへの当イベントに関するお問い合わせはご遠慮ください。
  • 本イベントポータルワールド及び応募案ワールドでの迷惑行為・荒らし行為はおやめください。ならびに作品提出者および運営メンバーに対しての迷惑行為、荒らし行為はおやめください。
  • 予期しない事態によりスケジュール通りの開催が困難になった場合は、別スケジュールにて開催いたします。

お問い合わせ

当イベントへのご意見・お問い合わせなどはお問い合わせフォームからお願い致します。

協賛

プラチナ


ゴールド


シルバー


イベント会場提供